2012年06月07日

2012年6月3日 十日町・結いの里提携事業〜大豆トラストのための種まき その1隠れ里、または天上の農園「結いの里」、「循環社会作り」と「食の安心・安全」の共感・共振

110627ロゴ.jpg

この日は協力関係にある新潟県十日町市の南雲原(なぐもばら)大地の上にある「天上の農園」結いの里で、Uzumaki=結いの里提携大豆トラスト事業のための、大豆の種まきに出かけた。
結いの里は農から始まる新しい社会の仕組み(循環社会や都市と農村の交流というか一体化、みたいな事)作りを目指す有限会社である。
※結いの里 HPはこちら

早朝4時過ぎに川崎を出発。車の少ない環八を経由して関越道をひた走り、8時には塩沢インター到着だ♪
石打駅近くの17号線で右折、六日町方向へ向かう。
P1340505.JPG

八海山のぎざぎざの稜線が霞んで見える。
P1340507.JPG

国道17号を石打から塩沢方面へ走り、大沢で左折して西北へ向かい、大沢温泉・大沢山トンネルを抜けると十日町市域に入る。
魚野川の支流の谷間をしばらく走ると、左右に切り立った台地が現れる。右(東北がわ、ね)は伊達原(だてばら)、左が南雲原(なぐもばら)だ。
下の写真でみると下から上に走り、中央に近いところ、丸で囲んだあたりが10ha強の面積の結いの里だ。
120603結いの里航空写真.jpg

結いの里への入り口。
この、数十メートルの切り立った断崖の上に平地が広がっているとはとても思えない。
P1340511.JPG

坂道にはまだ、昨年の水害の爪痕が残っていた。
土砂崩れで、道路が塞がったのだったが、今もなお道幅の半分は、土砂で埋まったままだ。
P1340512.JPG

崖を上ると道路は平坦になり鬱蒼とした森のなかを1kmほども走り、こんなところに広い農地があるのだろうかと不安になってくるころ、急に視界が明るくなる。
先のほうに、結いの里の農地が広がってくる、のだ。
P1340513.JPG

南雲原の台地の中ほどに、10haを超える結いの里の畑地は広がっている。
その中心部から進行方向、前方を見ると、また森に閉ざされている。
P1340547.JPG

今来たほうを振り返るとこんな景色だ。
P1340551.JPG
それは、台地の下からはとても想像のできない、林の中でもとても想像できない、一種の奇跡のように現れた景色だ。

結いの里は隠里のような、あるいは天上の、夢見られた農園、のよう、かな(^^ゞ

     ※     ※     ※

もともと農業高校だったが、廃校になり、土地も建物も荒れ放題だったものを、地元の有志が惜しんで農のある生活や循環社会を作りだす拠点に、と土地建物を十日町から借り受けて再開墾して、農園にしてきた。
人間は、その生存を自然性に負っているのであり、自然に直接働きかけて食物=「非有機的身体」を得る農耕畜産は、「農業」として「商品」を得るのではなく(それは、市場システムの進展への「適応」として、行われているにすぎない)「農」として生存を自然性に回収することで、生存の基底部を構制し保障する、のだ。
「食の安全・安心」も人間の生存の基底部を、市場システムの危険から離脱して自然性の内に回収すること、を意味する。
そのためには社会全体に、「自然性」を回復させなければならない。そのための「行動」はつまり、循環社会であったり、都市住民が、自然性を我が物とする仕組みであったり、食の安心安全であったりする。

「食の安心安全」を掲げるuzumakiと、循環社会作りを掲げる「結いの里」とは、その趣旨においても行動においても、そもそもの根っこにおいても現れにおいても、共感共振するものが非常に多い。軌を一にするといってもよい。
互いは少し離れた場所で声を上げ始めた、この時代の一卵性双生児である、と言ってもよいかもしれない。



     ※     ※     ※

プロジェクトユリイカ
■PROJECT eureka HPはこちら
■以前のブログはこちら

Uzumakiファーム
■Uzumaki HPはこちら
■UzumakiファームHPはこちら




posted by foody at 19:54| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Uzumakiファーム2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年6月2日のUzumakiファーム その4大収穫〜甘いスナップエンドウの最後・ステックセニョール・リーフレタス最盛・ほうれん草と小蕪終了・巨大大根最盛・小松菜の廃棄(ーー;)、トマトの手入れ

110627ロゴ.jpg

次はお楽しみ♪
甘くてジューシーなスナップエンドウを齧り齧り、収穫にかかる。
P1340470.JPG

株の弱り始めたスナップエンドウは、大収穫だが、たぶんもう今日が最後の収穫だ。
茎ブロッコリー・ステックセニョールも急に収穫量が減ってきた。
P1340471.JPG

リーフレタスは最盛だが、密生しすぎて少しアブラムシが発生し始めた、が、とにかくカゴいっぱいの収穫(^^ゞ
向こうに見ええる残渣はほうれん草。ほうれん草は、本日で終わらせた。
P1340477.JPG

3月25日に播種した小蕪も、いくらなんでも、ということで本日で終了するべく大量収穫!♪
日数が経ったので葉はもうひどく痛んで、食べられない(ーー;)
P1340480.JPG

大根は、薹立ちも始まったが、生育もピーク。たぶん今ごろ(今週あたり)が一番おいしく食べられるはず。
巨大な大根大根を抜いてゴキゲン、の神津さん。
P1340482.JPG

粒ぞろいの大根たち(^^♪
P1340483.JPG

4月15日に播種した小松菜は収穫遅れで、巨大化してしまい、とても全部は食べられそうにない(ーー;)
畑仲間にも知人にもおすそ分けしたが、こうなってはもういけない(>_<)

持ち帰る分をとった後、結構な量を廃棄して草マルチに転用した(T_T)
大根や蕪の傷んだ葉もマルチに転用した。
P1340484.JPG

これで、サトイモの枯れ草マルチは充実し、ほぼ完成だが…(^^ゞ

最後に、トマトの手入れをした。
多くの試練を耐えて、それでもどんどん大きくなるトマト。わき芽の伸びが目立ち始めた。
P1340485.JPG

一番花も開きはめた。
P1340486.JPG

わき芽を掻きとり、一番花を摘んだ。もう少し大きくなるまで、ひたすら株を大きくすることに努め、わき芽も結花も結実もさせない、のだ。

人間は人間の私利で、自然に働きかけ、自然を改変する。そのことで人間は、「自然を人間の非有機的身体」とするが、同時に相即的に、「人間は自然の有機的自然」となる、とマルクスは書いた。
人間は意識を持つことで、自然に対して(主人のように)制約なく自由に振舞い生活の糧を得るが、そのことによって同時に自然のうちでしか生きられない存在である。
個々の人間は生物と非生物からなる自然に対して、人間という生物種を代表しているかのように、または全生物種を代表するかのように、すなわち類的存在として振舞うが、つまりそれは広大な自然界のまたは生物社会の構制が許容しているからに他ならない。

われわれは、広大で悠久な自然界にあっては、ごく小さな存在であってごく短時間滞在している旅人に過ぎない。
ただ、意識において自分を中心に考えたり、現在を中心に感じたりするに過ぎない。いや、自分を中心に考えたり感じたりすることのできる存在である、と書いておこうか。
そのようなものとして、わたしたちは生きるのだ、と。

     ※     ※     ※

プロジェクトユリイカ
■PROJECT eureka HPはこちら
■以前のブログはこちら

Uzumakiファーム
■Uzumaki HPはこちら
■UzumakiファームHPはこちら


posted by foody at 06:18| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | Uzumakiファーム2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年6月2日のUzumakiファーム その3枝豆の定植・播種

110627ロゴ.jpg

雑草の始末でたっぷり汗をかいた後は、一息入れて、遅くなっている枝豆の仕事だ。
P1340464.JPG

5月19日に7番の畝の北側に、直播きした枝豆10株ほどが、見事に鳥に食われ(鳥、というのは間違いなく鳩であろう、と思われるのだが)消滅してしまった(>_<)
P1340446.JPG

そんなこともあろうか、と実は苗床で、苗を作っていた(^^ゞ
(まさかこんなに見事に食われることはあるまい、と去年の経験から、タカをくくっていたのだ(ーー;))
P1340445.JPG

苗全体に水をやり、土を十分湿らせてからポットに掘り出して7番の畝の消滅した枝豆の後に、植え込む。
P1340468.JPG

さらに早生枝豆20株、枝豆黒ひかりを20株ほど直播きしてたっぷり水遣りした。
P1340469.JPG

もちろん、こんどは鳥に食われないように、寒冷紗を掛けた(^^ゞ
P1340487.JPG
今度は食われるなよ〜〜♪、である(^^ゞ


     ※     ※     ※

プロジェクトユリイカ
■PROJECT eureka HPはこちら
■以前のブログはこちら

Uzumakiファーム
■Uzumaki HPはこちら
■UzumakiファームHPはこちら


posted by foody at 05:51| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | Uzumakiファーム2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。