2012年05月25日

2012年5月20日のUzumakiファーム その3ねぎ苗の定植A植え込み・鎮圧

110627ロゴ.jpg

苗が揃ったら植えつけ開始だ。
稲の田植えのときみたいに、畝に適当に200本の苗を20本ずつの束にしたものを並べて植え始める。
掘り起こした植え溝の土は西側に積み上げて、崩れないようにさらに少し西側にかき寄せ、抑えてある。
苗は反対側に植え込む。西日が少し避けられるからだ。また盛り上げた土を埋め戻すにもこちら側のほうが作業がやりやすい。P1340150.JPG
スピードと効率的な作業が要求されるので通常は立てかけておいて上に少し土を掛け戻したり、藁など保湿材料をのせかけたりする。

わたしは、植え溝の深さが足りないのを補う意味もあってなのだが(^^ゞ、移植ゴテで溝の底を軽く掘って植え込む。
P1340148.JPG
ねぎ苗の根は新しい根の発育を促すために5cmほどに切り落としておく。このほうが植えやすいってこともあるからね。(根が10cmもあっては植え込むためには大きな穴が必要で、労力がかけ離れて大きい。その場合は上から土を掛ける方式が楽なわけだ)

黙々と作業をすること20分ほど、作業開始から1時間ほどで、7〜8割の植え込み完了だ。
P1340149.JPG

程なく、(数分で)全部を植え込み完了♪
残った苗を数えてみると数えてみると230本ほどを植えた(^_^.)
(残った苗は、隣の畝の端っこにチョコと植え込んだ(^^ゞ)
P1340154.JPG

最後に植え溝に少し(2〜3cmくらいが目標、ね)土を戻して、その上を足で踏んで鎮圧して、作業完了だ(^^)v
P1340153.JPG



     ※     ※     ※

プロジェクトユリイカ
■PROJECT eureka HPはこちら
■以前のブログはこちら

Uzumakiファーム
■Uzumaki HPはこちら
■UzumakiファームHPはこちら




posted by foody at 04:52| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | Uzumakiファーム2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。