2012年05月24日

2012年5月20日のUzumakiファーム その2ねぎ苗の定植@掘り出し・植え溝作り

110627ロゴ.jpg

あったかいコーヒーと冷たいゼリーで、リフレッシュした後は、ついにねぎの定植だ。

3月3日に、みんなでばら撒きしたねぎは、5月12日現在で下のようになっていた。(今日のねぎの様子の写真をとる前に、作業を始めてしまったので、本日のねぎの全貌はわからない(>_<))
P1330895.JPG

ここからは二手に分かれて、佐々木さんはねぎの掘り出し、わたしは2番の畝でねぎ用の植え溝を作る。

剣先スコップで、土ごとねぎを掘りあげる。
P1340133.JPG

掘りあげたねぎは、たくさんの根を広く深く伸ばしている。
ねぎ同士も、根が交錯している。
P1340137.JPG

土を丁寧に手でほぐして、絡まった根を解き、一本ずつに分けてゆく。
さらに、大きさをみて、大中小の3つのグループに選別する。
これは「大」ね。
P1340134.JPG

こちらは中と小。左が中で、右が小。
P1340135.JPG

大は、草丈40cm以上で、茎が太く10mmに近いもの、
中は、草丈はほぼ大と変わらないが、やや茎が細いもの(5〜6mmくらいかな)、
小は、大中以外、である。

植え溝つくりはこちら。
2番の畝はすでに、5月12日に堆肥と有機肥料を入れてある。
ここに深さ30cm目標に鍬幅で溝を掘る。一回で掘り起こせるのはせいぜい5cmくらいかな。鍬先に小さな枯れ草のようなものが絡んで、すぐに鍬の歯は土に入らなくなる。もちろん30cmにはなかなかならない(>_<)
P1340136.JPG

何度も休み休み、ようやく20cmは超えたか、というあたりで溝堀はテキトーに終了(^^ゞ

畝全体には肥料を入れてあるが、この深さには届いていない。植え付け初期に即効性の肥料は要らないが、保水性や通気性を良くするために堆肥を少し入れて、ちょこっと耕した。
P1340147.JPG

さあ、苗の様子はどうかな、と見にいくと、もう200本くらいにはなりましたよ〜と佐々木さん♪
P1340139.JPG

一区切りして、苗を見る。
左が大で120本、真ん中が中で130本、右が小だ。小の数は、わからない(^^ゞ
P1340142.JPG
畝長10mとして、5cmピッチで植えて約200本の計算、大と中で十分賄える、わけだ。

ねぎは、まだ半分ほど残っているが、大きなところはほぼとり尽くした。
P1340141.JPG
このまま置いといて、7月ごろまでに大きくなったら、ジャガイモの跡に一畝作ろうか、な〜(^_^.)

     ※     ※     ※

プロジェクトユリイカ
■PROJECT eureka HPはこちら
■以前のブログはこちら

Uzumakiファーム
■Uzumaki HPはこちら
■UzumakiファームHPはこちら




posted by foody at 05:59| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Uzumakiファーム2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。