2011年09月22日

9月22日のuzumakiファームその4 台風の被害の建て直し

110627ロゴ.jpg

気を取り直して、とは思ったものの、どう立て直して良いかわからない。また被害が多すぎて全部の面倒を見るのはすご〜〜〜い時間がかかるだろう。
気は重く、体も重いが、倒れたものたちをそのままにはしておけない。

まずはツルムラサキから。
麻紐に蔓が絡んでいるので、できればそのまま立て直したい。
支柱と支柱の結束は1箇所千切れていた。
しかも支柱は、25mmの太い支柱だが、途中で曲がってしまっている(@_@;)

ちぎれた部分の結束をやり直し、仮の支柱を立てて全体を引き起こす。
仮支柱に曲がった支柱を結び、さらに別の支柱を立てて連結しなおす。
すべての支柱をさらに20cmほど押し込んで自立させたので、全体の背が低くなってしまった。

蔓を絡ませていた麻紐は横紐が切れていたので、何箇所もつなぎ、ずり落ちていた蔓を持ち上げて横支柱に絡ませて何とか終了。小一時間ほどかかった。でもまた強い風が来たら、きっと倒れてしまうな。
P1290019.JPG
横倒しになっていたので葉が泥だらけで、わたしもあっという間に泥だらけになった(^_^;)

ナスの建て直しにかかる。
これも20mmの支柱が途中で曲がってしまっている(@_@;)
P1290044.JPG

ナスは痛みがひどく、枝が折れ、葉が千切れたり、葉柄が折れて枯れたり、たくさん着いていた実が傷み、している。
根が傷んでしまったのだろう、葉が萎れている株もある。
P1290056.JPG
P1290043.JPG

花も大半は枯れてしまっているが、元気なものも、それでもいくつかあった。
ピンボケになってしまったが(^_^;)
P1290048.JPG

細かいケアは後にしてまずは支柱と茎を立て直しにかかる。
千切れていない麻紐をいったん切りなしたり解いたり、曲がった支柱を直してみたりして刺しなおし、もう一度なすの枝を結びつけた。

悪戦の末、何とか全部を立てなおした。
P1290058.JPG
だが、根が傷んでしまったものは、きっと持ち直さないだろう(ーー;)

ピーマンも倒れただけでなく、葉が萎れているもが多い。
右奥に落ちてしまった実が固まっていた。
P1290036.JPG

とりあえず立て直すだけでも早く、と何とか終了。
P1290059.JPG

すでに9時に近くなり、暑くて、汗が滝のように流れる。

取り急ぎ6張りのネットを張りなおし、ブロッコリーとヤツガシラとねぎにに土を寄せて何とか自立させたところで、疲労困憊、泥まみれ汗まみれで作業終了にした(^_^;)

のろのろと片付けながら、ボーっとほうれん草を見ていたら、ぽつんぽつんと小さなみどりが出ているのに気がついた。大粒の雨に叩かれ表土が流れて突起が残った畝で、種子のからを持ち上げて地中から茎が伸びている。
P1290022.JPG

20日に七五郎さんが来たとき、ちょっと押し込んでおいた種が発芽しているのだ(@_@;)

何たることだろう。
いろんなものが倒れた台風のさなかに、ほうれん草は自立しようとしていたのだ。
儚いものが逞しく、いたいけなものが強い、生命というものの不条理のような、希望のような…。

一応建て直すだけはした、帰り際の全景。
P1290063.JPG

明るいなぁ〜〜。
アカルサは滅びの姿だと、たしか太宰治が書いていた。
アカルサは、滅び、か…。

    ※     ※     ※
■PROJECT eureka HPはこちら
■以前のブログはこちら

■Uzumakiファーム
■Uzumaki HPはこちら
■UzumakiファームHPはこちら






posted by foody at 18:28| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Uzumakiファーム2011@宮前~無農薬有機農法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9月22日のuzumakiファームその3 まだまだ続く被害〜ヤツガシラ・オクラ・きゅうりの支柱・大葉・元気なパセリ

110627ロゴ.jpg

確認していくのも切ないが、被害はまだまだ続く。

ヤツガシラも大半が横倒しになってしまった。
これは、少し土を入れて立て直せば、何とかなるだろうか。
P1290018.JPG

オクラは横倒しになりながらも、花を着けている。
美しい花であるだけになんだか不憫だ。
P1290049.JPG

きゅうりの支柱は、結んでいた麻紐がちぎれ、完全に倒壊。
バジルとピーマンの小さいネットの上に横倒しになっている。
P1290017.JPG

大葉は二株が左右に分かれる形で倒れ、真ん中に根が浮いてしまっている。
これまで良く食べさせてもらった。
P1290034.JPG

植え替えたばかりのパセリ。
これだけは、背の低いのが幸いしたか、風害少なく、根が付いたようで新葉が元気だ(^_^;)
P1290033.JPG
なんだか妙な気分だ。

さて気を取り直して、やるべきことをやらねば、である。

    ※     ※     ※

■Uzumakiファーム
■Uzumaki HPはこちら
■UzumakiファームHPはこちら




posted by foody at 17:36| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Uzumakiファーム2011@宮前~無農薬有機農法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9月22日のuzumakiファームその2 見るほどにだんだんひどくなる台風のつめ痕に愕然とする〜大根・ナス・ピーマン・ねぎ・ブロッコリー

110627ロゴ.jpg

5番6番の畝の大根。
ネットも、その下のマルチングシートもめくれ上がっている。
吹き飛ばされていないだけましかな〜(T_T)
P1290009.JPG

大根は元気なのがいくつか数えるほど。
あとは押しつぶされたり、擦り切れて茎だけになったりしている(T_T)
P1290028.JPGP1290029.JPG


ナスを見に行く。
これはひどい。
支柱ごとなぎ倒されている(ーー;)
P1290012.JPG
完全に横倒しなのが3本。途中で何とか踏みとどまっているもの3本、かな。

たくさんの小枝が折れたり吹き飛ばされたりしている(>_<)

たくさんできていた実の柄が折れてまさしく皮一枚でつながっているだけだ。
かわいそうなナス(T_T)
P1290040.JPG

となりのピーマン。半分以上が完全になぎ倒されている。周囲にはたくさんの吹き飛ばされた葉や枝が吹き寄せられている。
P1290013.JPG

折れて吹き飛んでいたピーマンの枝。
P1290050.JPG

ピーマンの横の良く育っていた大根。
やはりネットがめくれ、育った苗は葉や柄がくしゃくしゃに傷んでいる。
P1290054.JPG
これではもう育たないだろう(T_T)

ねぎはほとんど葉が折れている。茎の部分で折れているものも10本くらいはある(>_<)
P1290032.JPG

七五郎さんに満点をもらったブロッコリーは、二株が絡まりあって倒れ、一株にしか見えない。
P1290031.JPG

見るほどにひどくなる被害に、愕然とした。
こうしてアップするのも辛い。


    ※     ※     ※

■Uzumakiファーム
■Uzumaki HPはこちら
■UzumakiファームHPはこちら




posted by foody at 17:11| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Uzumakiファーム2011@宮前~無農薬有機農法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9月22日のuzumakiファームその1 台風のつめ痕に愕然とする〜ツルムラサキ・ほうれん草・にんじん・リーフレタス

110627ロゴ.jpg

台風15号で強風と豪雨の荒れ狂ったあと、畑の状況を見に6時過ぎには畑へ。
道路には、紙くずや木切れや何かがあちこちに残っていて、昨日の強風を思い起こさせる。

到着すると強い陽射しの上には中層の羊雲と高層のいわし雲の中間のような雲が出ていた。
秋の雲だな。
P1280999.JPG

一目見て、ひどい状態だとわかった(>_<)
P1290001.JPG
いやだが、目を背けることはできない。
すべて受け入れて、一つ一つできることをやらねばならない。
まことに自然は不条理である。
愕然として沈み込む気持ちをなだめつつ、順番に見に行く。

ツルムラサキは支柱ごと倒れてしまっている。がっちり組みなおしてあるきゅうりの支柱も倒れている。
ネットもほとんど剥がれている。

ツルムラサキ。
どこから手を付けたらよいかわからない。
格子に組んだ麻紐はずたずたに切れている。ツルムラサキ自体は、枝はあちこち千切れているようだが、本体には大きな損傷はない様に見えるが〜(ーー;)
P1290002.JPG

ほうれん草。
中央の2本は雨に叩かれたか倒れてしまっている。
大半は無事に生きている、かな〜〜〜。
P1290003.JPG

にんじん。
ネットが半分はずれ、外れたあたりの葉が風の方向(西向き)に横倒しだ。
どうしようもないかな〜。
P1290006.JPG

2番の畝の西半分。16日にサンチュとレタスの種を播いたところ。
被せておいた新聞紙がちぎれて、土が露出している。
P1290005.JPG

よ〜〜っく見ると、レタスは点々といくつか発芽しているようだ。
P1290010.JPG
サンチュはまだ。もう2~3日かかるだろう。

濡れてふやけた新聞紙を片付けた。


    ※     ※     ※

■Uzumakiファーム
■Uzumaki HPはこちら
■UzumakiファームHPはこちら




posted by foody at 14:24| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Uzumakiファーム2011@宮前~無農薬有機農法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9月20日のuzumakiファーム 猛暑から台風へ〜七五郎さん現る!・台風前の駆け込み種播き。

110627ロゴ.jpg

18日から中一日、20日は打って変わって雨模様だ。すでに台風15号の影響が始まっている。
この日は夜半から一雨。小止みになった15時ころ畑へ。
P1280973.JPG

9月10日に播種した、良く育ってているほうの大根。
しかし、やはり前日までの猛暑で葉が少し枯れたり、虫に食われているものが出てきた。
左の2番目は、枯れ落ちてしまった(ーー;)
P1280975.JPG

小蕪は一段と大きくなり、本葉が大きくなり始めた(^^♪
P1280976.JPG

ブロッコリーは元気そのもの。もう頭がネットにつかえてしまった。
去年は遅く植えたが、今年は早めに植えて、良く育っている。
有機物(サンチュとレタスの残渣)を入れたのも効いているかも(^^♪
P1280980.JPG

2〜3日雨天が続き気温が低下すると信じて、枯れ落ちたほうれん草のあとに種を入れた。
P1280981.JPG

台風の雨で流れないようしっかり押し込み、
しっかり抑えた。流れるなよ〜〜〜、である。
P1280982.JPG

と、突如、野菜市でお世話になっている川崎市農家の最長老・鈴木七五郎さんが現れた。
ふ〜ん、ウチも「れん草」(七五郎さんの農家言葉では「ほうれん草」とは言わず、「れん草」なのである)は播きなおしたからな〜、今年は異常気象なんだよ〜まったく〜、と息継ぎのない七五郎節(?)でまくし立てた。

育っているほうれん草と、今日播いたほうれん草じゃ、だいぶ成長の差があるけど、場所を空けておくのももったいないからな〜〜、とわたしの思いを代わって言葉にしてくれる(^^♪

ブロッコリーとにんじんは満点だな、素人なのに良くやるよ〜とそっぽを向きながら言って帰った。
様子を気にしてくれているのだな。
なんだかあったかい気持ちになった。

七五郎さんが帰ると、待ちかねたように雨が降り出した。
大慌てで帰り支度をして逃げ帰った(^^ゞ

    ※     ※     ※

■Uzumakiファーム
■Uzumaki HPはこちら
■UzumakiファームHPはこちら





×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。